体重を落として痩せるために気を付けたいこと

プロポーションが良くない、体重が多すぎるといった動機で、ダイエットで痩せることを目指す人は大勢います。体重を減らし、痩せることができれば、見た目はよりよくなるという保証はあるでしょうか。美しさに対する感性は人によって異なりますので、ある人にとってきれいだと感じる体型が、別の日とからは痩せすぎと感じることもあります。日本では、女性の美しさを体型のスリムさと連動させて考える価値観がスタンダードなものになっているため、女性の多くは痩せることが美への道だと考えています。そもそも痩せることできれいになりたいという気持ちが動機だったはずなのに、痩せさえすればきれいだろうという考えで、闇雲に痩せようとする女性が多いことが指摘されています。きれいになりたいからといっても、度が過ぎるダイエットは身体にとって悪影響です。痩せるための努力が原因で、貧血や、慢性疲労、身体のトラブルなどを引き起こします。極端なダイエットをやり込みすぎた結果、摂食障害を引き起こしてしまうことがあります。過食症と、拒食症は、全く別のもののように見えますが、どちらも摂食障害という精神症状の一つであり、ダイエットのしすぎが原因です。もしも摂食障害になったら、食事の量を体重の増減に合わせて適度に減らすことができなくなってしまうでしょう。どんな体型になることが、自分にとってダイエットのゴールにしたいのかを、考えた上でダイエットをしましょう。美しくなるために痩せるなら、体重を減らすことのほか、体型を整え、体を引き締めることができるようなダイエットをしましょう。適度なダイエットで、肥満体型を改善することは必要なことですが、不必要なダイエットをした結果、精神を病んでしまったり、健康を損ねてしまうこともありますので注意しましょう。
母子健康手帳はどこで貰えるの?紛失時の再発行や引越しした時は?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です